今後の自動車業界の行方は?

今月、日本を含め世界各国の自動車関連のニュースで下記内容がありました。

1) 2008年1月の米新車販売、37%減 年換算1000万台割れ、27年ぶり低水準
2) ルノーの前期、黒字確保
3) 2008年1月の欧州新車販売、1月は26.5%減 過去20年間で最低水準
4) 国内8社の乗用車メーカー、世界販売13%減 20工場分の能力が余剰に
5) 2008年1月のインド・スズキの販売台数最高
6) GM・クライスラー、破綻回避へ正念場 再建計画、リストラ不十分

ほとんどのニュースが減産、販売台数減など悪いニュースばかりでしたが、
スズキのインドにおける新車販売台数のニュースだけは、日本人にとって良いニュースでしたね。

続きを読む...

スポンサーサイト





米ビックスリー・米GM・クライスラー、再建へ混乱 新型車など生産に影響も

アメリカでは自動車部品調達難や人材流出など混乱が相次いでいるようで、自動車部品メーカーの経営破綻に伴い部品が調達できずラインストップする可能性が出てきており、状況は深刻なようです。

【NIKKEI NET 2008/12/27より引用】
米GM・クライスラー、再建へ混乱 新型車など生産に影響も
経営再建中の米ゼネラル・モーターズ(GM)とクライスラーで、部品調達難や人材流出など混乱が相次いでいる。GMでは26日、自動車部品メーカーの経営破綻に伴い部品が調達できず、一部製品を生産できなくなる恐れが浮上。クライスラーでは経営幹部の辞任が相次ぐなど、来春へ向けた再建プロセスに支障を来す可能性が出ている。

 米メディアによると、GMの「シボレー・カマロ」(来春発売予定)向けにドア部品やインパネ(計器盤)を生産する自動車部品メーカー、カデンス・イノベーション(ミシガン州)が倒産。GMは来年1月12日までに部品調達を再開できなければ、カマロの生産ができなくなるとして、生産設備の引き渡しなどを求めてカデンスを提訴した。

 カデンスは今年8月に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)適用を申請。しかし新車需要が落ち込むなか再建が進まず、今月に入り会社清算手続きに入っていた。GMは部品調達が滞れば工場全体をストップする必要があり、数百万ドルの損失につながるとしている。
【以下、引用おわり】

続きを読む...



日経平均株価、ニューヨークダウともに週末は急騰

日経平均は大幅上昇となり、NYダウも引け間際に急騰しました。
アメリカの次期財務長官にNY州連銀総裁のガイトナー氏が就任するとの報道が流れた所で急反発したNY市場です。
ティモシー ガイトナー 写真を見る限りポールソン氏よりも若々しく、なかなかのやり手だなという印象です。ネット記事を見るとまるで救世主かヒーローのような扱いです。
しかし、去年7月下旬ロイターに対し米経済は「良好に推移している」としたうえで、商工業向けの銀行融資がデフォルトする可能性は「非常に低い」との見解を示してます。
これは昨年の話ですが、1年以上も前から不動産バブルに端を発した世界同時金融不安が訪れる日が近いと警告していた学者やエコノミストもいたわけですから、今後のガイトナー氏の手腕が気になる所です。 (写真はロイターから借用しました)

【NIKKEI NET 2008/11/21より引用】
米CNBCテレビは21日午後、オバマ次期米大統領が新政権の財務長官にニューヨーク連銀総裁のガイトナー氏を起用する方針を固めたもようだと報じた。24日に発表する方向で調整しているという。ガイトナー氏は国際通貨基金(IMF)や財務省高官として通貨危機への対策を担ってきた人物で、最有力候補と目されてきた。  また、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日午後、オバマ次期米大統領から国務長官ポストの打診を受けていたヒラリー・クリントン上院議員が就任を受け入れる方針を決めたと報じた。ヒラリー氏側近の話として伝えた。
【引用おわり】

さて来週のアメリカ市場ですが、 ・中古住宅販売数、3QGDP、個人所得・支出、耐久財受注、シカゴPMI、消費者信頼感指数、新築住宅販売など多くの指標が出てきます。
懸念材料としては自動車救済法案は12月まで先送りとなっていても悪いニュースは出てきそうですし、シティグループの問題は再び銀行関連への不安を高めそうな気配もあります。
さらにクリスマス商戦に対するネガティブな見通しなどを嫌気する動きもあるでしょうから経済指標と絡めて動く可能性もありそうです。

CDSの残高 (クレジット・デフォルト・スワップ)

現在、サブプライム以上の損失が出る可能性がある商品として、CDSがあります。

簡単に説明しますと、CDSとは「Credit default swap(クレジット・デフォルト・スワップ)」の略称で、
元JPモルガンの女性社員が開発した商品です。
本人曰く、「大量兵器や悪魔のような商品でなく、元々保険代わりとして開発した商品」と言ってましたが、リスク回避する為に開発された金融商品の中でも、企業の債務不履行(デフォルト)を対象にしたもので、企業が倒産し借金が棒引きになるかもしれないことに対する保証・保険を金融商品化したものです。

リーマンショックで株価下落以後、何度もCDSについて報道されてましたが各報道機関とも、
残高予測が不可能と報道するのみで、不安を煽る内容となってましたが、あるアメリカの機関が残高を発表しました。

その額は、

続きを読む...



「個人」買い越し濃厚 主要3市場 株割安感で18年ぶり

個人の投資家が平成20年通年で約18年ぶりに買い越しになる公算が高いようです。

9月のリーマンショック以後の株価下落局面で、割安と判断した個人投資家が新規参入し、
積極的に買いをいれた為との事ですが、売買の半分以上を占める外人投資家の動向、
個人の買いがどこまで続くかが気になる所です。

ちなみに、10月の個人新規口座開設は通常の2倍だったそうです。

今後は個人投資家が増え、外人投資家に左右されない日本市場になってほしいですね。


ニューヨークダウ・10月の月間下げ率は過去最大。

あの手この手で信用や景気回復を狙った政策が打ち出されてますが、
10月のNYダウの月間下げ率は過去最大。
100年に1度と言われる、今回の世界同時金融危機の深刻さがよく分かります。

【NIKKEI NET 2008/11/1より引用】
10月のNY株、下げ最大の1525ドル 米実体経済、不安感増す
金融危機を契機にした米経済の先行き不安感が増している。10月のニューヨーク株式市場でダウ工業株30種平均の下げ幅は1525ドル65セントと史上最大を記録。
金融不安を引き金に投資家心理が急速に冷え込んだ。31日は株価が上昇するなど市場は落ち着きつつあるが、今後も不安定な値動きが続く可能性が高い。世界的に景気低迷が広がるなか、今月4日に決まる次期米大統領の打ち出す経済政策がカギを握ることになる。

 ダウ平均は下落率でも月間で14.1%と、ロシア通貨危機が起きた1998年8月以来、約10年ぶりの大きさだった。米メディアによると約2兆5000億ドル(約245兆円)の時価総額が吹き飛んだ計算だ。世界的にリスク資産である株式から資金を引き揚げる動きが止まらず、米市場でもヘッジファンドなどの換金売りが加速した。
【引用おわり】


NYダウ・9000ドル台回復 過去2番目の上げ幅、889ドル高

為替でも10%近い円安、昨日はFXで儲けた方もいらっしゃると思います。
この調子で日経平均も10%近い上昇を期待したいですね。
この数ヶ月で資産が激減してますので、早く信用回復し金融が安定化になれば良いですね。

【NIKKEI NET 2008/10/28より引用】
28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに急反発。前日比889ドル35セント高の
9065ドル12セントで終えた。上げ幅の大きさは過去2番目。前日に急落したアジアの主要株式相場が急反発したほか、欧州株も堅調となった。
リスク資産圧縮の動きが一巡したとの思惑から買いが優勢となった。午後に買いが膨らみ、
主な株価指数はこの日の高値圏で終えた。午前発表された10月の米消費者信頼感指数が
前月比で急低下し過去最低を更新し、売りが優勢となる場面もあった。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6日ぶりに急反発し、同143.57ポイント高の
1649.47で終えた。
【引用おわり】


円、一時対ドルで90円台に上昇 対ユーロでは一時113円台

今日の日経平均は戦後5番目の大幅な下げでした。
日本の輸出企業の業績悪化に対する警戒心が一段と高まっていると思われます。
また、本日は為替も大きな動きがありました。

【NIKKEI NET 2008/10/24より引用】
24日午前のロンドン外国為替市場の円相場は大幅続伸。午前10時45分現在、前日終値に比べ6円25銭円高・ドル安の1ドル=91円20―30銭で推移している。

 日欧の株式市場が急落したことを受けて投資家のリスク回目的の円買い・ドル売りが強まった東京時間の流れを引き継いで始まった後、ロンドン取引時間に入ってドル売りが加速している。午前10時半頃に円は1ドル=90円台後半と、1995年8月以来の水準まで上昇する場面もあった。

 円の対ユーロ相場は急伸。同11円50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=114円10―20銭で取引されている。

 世界的な株安を背景に、低金利の円を借りて高金利通貨などで運用する「円キャリー取引」を解消する投資家の動きに伴うユーロ売りが進んでいる。ロンドン取引時間に入ってから円は上げ幅を拡大し、ほぼ6年ぶりの円高・ユーロ安水準で推移でしている。ユーロは一時、1ユーロ=113円台後半まで売り込まれた。

続きを読む...



緊急金融サミット、11月15日に開催 米政府発表

緊急金融サミットの開催が来月15日で決まったようです。

【NIKKEI NET 2008/10/23より引用】
米ホワイトハウスは22日、金融危機対応を協議する国際的な緊急首脳会合を11月15日にワシントンで開催すると発表した。
主要国首脳会議(サミット)に参加する日米欧のほか、中国やインドなど新興国も含めた合計20カ国(G20)が出席。主要国と新興国の首脳が集まり、グローバル規模での異例の政策協調を目指す。

 参加国はG20財務相・中央銀行総裁会議を構成する主要・新興国。国際通貨基金(IMF)の専務理事、世界銀行総裁も出席する。日本の麻生太郎首相は先に参加の意向を表明している。

 ペリーノ米大統領報道官は記者会見で「金融危機の原因、各国の対応と進捗状況などを議論する」と説明。金融規制改革についても協議するという。
【引用おわり】

しばらくは乱高下が続く相場になりそうです。
短期売買のFXとかも良いかもしれませんね。

オーストラリア株反発、そろそろ底に近づいているのかな?

11日ワシントンで開催された、日米欧に新興国を加えた主要20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)で、先進国と新興国が協調を強化し、政策を総動員して対応することを盛り込んだ共同声明が発表され、週明けの今日から各国の株価が上昇しているようです。

午前中下げていた上海株も午後は上げに転じ約4%高、香港ハンセン指数も約11%高となっており、小生の投資先であるインド・SENSEX指数は現在7%以上の大幅上昇となってます。
 今夜の欧米市場、明日の日米市場の動向に注視していきます。

【NIKKEI NET 2008/10/13より引用】
オーストラリア株、4日ぶり反発 終値5.1%高
 オーストラリアの株式相場は13日、4営業日ぶりに反発して終わった。
豪証券取引所の代表的株価指数オールオーディナリーズ(全銘柄株価指数)の終値は4141.9と先週末の終値に比べ202.4ポイント、5.1%高で引け、2営業日ぶりに終値で4000台を回復した。
豪政府が12日発表した預金の全額保護など金融危機対策を好感し株価は取引開始直後から反発。
一時、先週末の終値より228.4ポイント、5.8%高の4167.9をつけたが、その後はやや軟調な展開となった。【引用おわり】

続きを読む...



FXサイト
FX & 証券会社ニュース
※お得な情報満載!
クリックだけで各カテゴリーに特化した情報にアクセス!

現金プレゼント比較表
キャンペーン情報(FX会社)
キャンペーン情報(証券会社)
キャンペーン情報(銀行)

※新商品&サービス情報満載
FX会社の動向
証券会社の動向
銀行の動向
ETF ・ 確定搬出年金(401K)
MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
※12/2更新
MRF年利・金利 比較表
最新記事
絞込み検索(カテゴリ別)
月別アーカイブ
証券会社
楽天証券

ネット証券最強のトレーディングツール「マーケットスピード」、ネット証券随一の「多彩な商品」(中国株やインド株)を取り揃えており、注目度の高いネット証券会社です!

海外ETFの最大手! 全銘柄82種(米国ETF 68銘柄・中国ETF 19銘柄)で、ニューヨーク証券取引所・ナスダック・アメリカン証券取引所に上場している米国ETF、香港証券取引所に上場する中国ETFを取扱ってます。
・Vanguard Total World Stock ETF
・Vanguard Emerging Markets ETF
・Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF
・Vanguard European ETF
・Vanguard Pacific ETF
・Vanguard Small-Cap ETF
・Vanguard Total Bond Market ETF
※その他に多くのETFがあります。

国内・海外のノーロード・インデックスファンドの三菱UFJ投信の-『eMAXISシリーズ』の売買が出来ます。
信託報酬1%以下で超安いです。

・eMAXIS 日経225インデックス
・eMAXIS TOPIXインデックス
・eMAXIS 国内債券インデックス
・eMAXIS 国内リートインデックス
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・eMAXIS 先進国債券インデックス
・eMAXIS 先進国リートインデックス
・eMAXIS 新興国株式インデックス
※多くのファンドが1000円から投資可能です。

SBI証券

業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手。
国内・海外のノーロード・インデックスファンドの住信-STAMシリーズの売買が出来ます。
信託報酬1%以下で安いです。

・STAM TOPIXインデックス・オープン
・STAM 国内債券インデックス・オープン
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・STAM 新興国株式インデックス・オープン
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・STAM 新興国債券インデックス・オープン
・STAM J-REITインデックス・オープン
・STAM グローバルREITインデックス・オープン
※多くのファンドが1000円から投資可能です。


さらに手数料が安い海外ETFも豊富に取り揃えてます。
・iShares MSCI KOKUSAI Index Fund
・iShares S&P500 Index Fund
・iShares MSCI EAFE Index Fund
・iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
・iShares MSCI KOKUSAI Index 等。
※その他に多くのETFがあります。

マネックス証券

外国株式クラスのファンド
・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・年金積立インデックスF海外株式

日本株式クラスのファンド
・インデックスファンドTSP

外国債券クラスのファンド
・年金積立インデックスF海外債券

※上記全てノーロード投資信託です。

※多くのファンドが1000円から投資可能です。 特徴として、ヘッジ・ファンド、ベンチャー・キャピタル、非上場株式ファンド、不動産ファンド、再生系ファンド等の、オルタナティブ投資が1万円から可能です。

カブドットコム証券

東証アローヘッドに完全対応!

ノーロードファンドは、88ファンドでネット証券屈指の本数! 便利さやわかりやすさで、初心者の資産形成からベテランの分散投資まで、幅広くご活用できます。

セゾン投信

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(販売手数料なし)

このファンド1本で、世界30ヶ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資。 また、米バンガード社のインデックスファンドが8本組み入れられており信託報酬0.77%±0.02%と低コストです。

銀行
住信SBIネット銀行

無料の入出金手数料
【制限無しは、セブン銀行】
【月5回まで出金手数料無料は、ゆうちょ銀行、ローソンATM、
コンビニATMのイーネット】
 ※お預け入れは無料。

他行振込手数料無料
【月3回まで、イーバンクは不可】

キャンペーン盛りだくさん!


楽天銀行

ゴールドラッシュプログラム
【楽天銀行口座へ他の金融機関から「振込」があった場合、その「振込件数」に応じて対象となる楽天銀行の口座へ現金をプレゼントするプログラムです】
【月間の振込件数によって、1件あたりのプレゼント金額がアップ!】
キャンペーン盛りだくさん!


ジャパンネット銀行

◇ネットショッピング、オークション、競艇・競輪・競馬のインターネット投票など、ジャパンネット銀行は安心・便利なサービスを提供しています。


相互リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
MMF & 外貨MMF
※ 円から外貨に両替すれば、そのまま外債やMMFの売買が可能です。(お好きなタイミングで円に両替もOK!)
確定搬出年金(個人型401K)
※ 近年注目度を上げている年金制度で、特に税制面でのメリットが大きく「知っている人が得をする」ような制度です。
※ 受取時は税金上「退職金」「年金」扱いとなります。
※ 他の企業年金からも非課税で資産を持ち運べます。
ローン金利ランキング
※ 銀行・金融機関が取り扱うおまとめローンを金利ランキング形式で掲載。
リアルタイムレート
お勧めFX会社

マネックスFX
スワップが良くシステムも堅牢の、マネックスグループのFX専業子会社。 ドル/円スプレッドは2銭からで、4キャリアの携帯端末に対応しています。
信託保全100%なので、もしもの時も安心です。
FXスプレッドランキング
※ FX会社・現金プレゼントキャンペーン比較表

  2/27  更新!!
口座開設で現金がもらえる!FX業者の現金プレゼントキャンペーン比較表はこちらから!

※ 社名をクリックするとFX業者のHPにアクセスできます。

USD/JPY FX業者
0.5銭~ FXブロードネット
0.6銭~ アイディーオー証券
0.7銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
MJ
0.8銭固定 クリックFX
フォレックス・トレード
1銭固定 外為オンライン
1銭~ 【サイバーエージェントFX】
マネースクウェア・ジャパン
ヒロセ通商・Lion FX
エースでねらえ!FX
GFT
2銭~ マネックスFX
フォーランド
セントラル短資
楽天FX
FX Online Japan
マージンFX


EUR/JPY FX業者
0.6銭~ DMM FX
0.9銭~ FXブロードネット
1.3銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
1.6銭~ アイディーオー証券
1.8銭固定 フォレックス・トレード
1.8銭~ クリックFX
2銭~ 外為オンライン
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
エースでねらえ!FX
GFT
3銭~ マネックスFX


GBP/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.2銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.8銭固定 フォレックス・トレード
2.8銭~ クリックFX
3銭~ ヒロセ通商・Lion FX
4銭~ エースでねらえ!FX
GFT
4.7銭~ FXブロードネット
5銭~ マネックスFX
外為オンライン
FX Online Japan
MJ
6銭~ 【サイバーエージェントFX】
8銭~ フォーランド


AUD/JPY FX業者
1.2銭~ DMM FX
1.5銭~ アイディーオー証券
1.9銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2銭~ クリックFX
GFT
3銭~ 【サイバーエージェントFX】
エースでねらえ!FX
3.6銭~ FXブロードネット
4銭~ マネックスFX
楽天FX
MJ
5銭~ 外為オンライン
6銭~ フォーランド


NZD/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.4銭~ クリックFX
3銭~ GFT
4銭~ 【サイバーエージェントFX】
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
6銭~ マネックスFX
外為オンライン
10銭~ フォーランド


CAD/JPY FX業者
2.5銭~ アイディーオー証券
3銭~ クリックFX
GFT
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
外為オンライン
トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】
9銭~ フォーランド


CHF/JPY FX業者
2銭~ DMM FX
GFT
3銭~ クリックFX
3.8銭~ FXブロードネット
4銭~ MJ
5銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】


SGD/JPY FX業者
6銭~ マネックスFX


HKD/JPY FX業者
3銭~ マネックスFX


TRY/JPY FX業者


ZAR/JPY FX業者
3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
DMM FX
3.8銭~ 楽天FX
4銭~ マネーパートナーズ
クリックFX
5銭~ マネックスFXエースでねらえ!FX
7銭~ フォーランド
FXスプレッドランキング(Ⅱ)
EUR/AUD FX業者
4pip~ MJ
6.8pip~ FXブロードネット


EUR/CAD FX業者
4.9pip~ FXブロードネット
7.0pip~ MJ


EUR/CHF FX業者
2pip~ MJ
2.8pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX


>
EUR/GBP FX業者
2pip~ ヒロセ通商・Lion FX
2.9pip~ FXブロードネット
3.0pip~ MJ


EUR/NZD FX業者
8.0pip~ MJ
8.2pip~ FXブロードネット


EUR/TRY FX業者


EUR/USD FX業者
0.5pip~ FXブロードネット
0.8pip~ DMM FX
1pip固定~ 外為オンライン
1.6pip~ クリックFX
2pip~ マネックスFX
トレイダーズ証券「みんなのFX」
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
3銭~ フォーランド


GBP/AUD FX業者
6.0pip~ MJ
7.6pip~ FXブロードネット


GBP/CAD FX業者
9pip~ MJ


GBP/CHF FX業者
4pip~ クリックFX
6pip~ MJ
6.3pip~ FXブロードネット
10pip~ フォーランド


GBP/NZD FX業者
12.1pip~ FXブロードネット


GBP/USD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.6pip~ FXブロードネット
3.0pip~ クリックFX
MJ
4.0pip~ 【サイバーエージェントFX】
5.0pip~ マネックスFX


USD/AUD FX業者
1.4pip~ DMM FX
1.9pip~ FXブロードネット
2pip~ MJ
3pip~ クリックFX


USD/CAD FX業者
3.9pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX
5pip~ MJ
8pip~ フォーランド


USD/CHF FX業者
2pip~ Hirose-FX
2.8pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX
MJ
7pip~ フォーランド


USD/GBP FX業者
2pip~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.6pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX


USD/NZD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.7pip~ FXブロードネット
4pip~ MJ


USD/SGD FX業者


USD/TRY FX業者


AUD/CAD FX業者
3pip~ MJ


AUD/CHF FX業者
3.7pip~ FXブロードネット
4.0pip~ MJ


AUD/NZD FX業者
7.0pip~ MJ
7.1pip~ FXブロードネット
検索フォーム
キャンペーン情報
■マルサントレード(丸三証券)口座開設後2ヶ月は株式売買手数料無料!

■FX業者・現金プレゼントキャンペーン比較表 (2/20更新)

ブックマークへ簡単登録
※クリックだけで簡単登録できます。


カウンター(2009.9.13設置)
プロフィール

millionaire

Author:millionaire
■会社員ですが早期リタイヤを目指し投資活動に奮闘中。

■投資スタイルはリスクが高い国内個別株で中期運用してますが、海外に資産シフト中。
資産は長期国際分散投資しています。

ご注意事項
1.本ブログで扱っている内容は、あくまで、管理人の個人的な見解に基くものです。一切責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。投資は自己責任でお願い致します。

2.本ブログ記事の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。