『MSCI エマージング・マーケット・インデックス(MSCI EMERGING MARKETS INDEX)』とは?

『MSCI エマージング・マーケット・インデックス(MSCI EMERGING MARKETS INDEX)』は、「eMaxis新興国新興国インデックス」や「STAM新興国インデックス」等のベンチマークとして使用されている新興国インデックスの中では1番有名な指標です。

この「MSCI エマージング・マーケット・インデックス」は、新興国※22ヵ国(2010年1月末現在)により構成され、各市場の大型株・中型株をカバーしています。

※先進国市場と新興国市場の分類は、1人当たりGDP(国内総生産)・外国人に対する投資制限の有無・市場環境の整備状況・為替回送金制限の有無等を基準にMSCI社(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社)が判断しています。

国別の分散比率は下記のとおりとなります。(クリックすれば拡大します)
MSCI Emerging Markets Index(国別構成比)


上記、『新興国インデックスファンド』は下記証券会社で購入できます。



続きを読む...

スポンサーサイト





VIX指数が20%台に!! (米株投資家の不安心理映すVIX指数)

1月21日、米株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー・インデックス(VIX指数)が、一時14.03%上昇し21.30%をつけ、翌日の22日はVIXのクローズ指数が「27.31ポイント」をつけました。

オバマ大統領による銀行規制提案を受けて金融界や投資家の警戒感が強まったのが理由でしたが、今月は2月8日の「26.51ポイント」がMaxで昨日は21.37ポイントで引けました。

2月5日発表の雇用統計は予想より結果は良かったですが(予想10% → 結果9.7%)、アメリカ国債の格下げ等の報道でガイトナー長官が言及するなど、ダウが10000P割れした日が2月8日でした。

本日のダウは上昇スタートですが、アメリカの出口戦略を見据えた3月までのFRBによる債券買いの停止、金利上昇、M1動向など色々調べていきたいと思ってます。2月から3月にかけてのアメリカ出口戦略の動向が気になります。


【VIX指数とは】
シカゴ・オプション取引所が作り出した「ボラティリティ・インデックス」の略称です。VIXはS&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されており、このVIX指数は投資家心理を示す数値として利用されており、「恐怖指数」という別名が付けられています。

 恐怖指数は、通常時10~20の範囲内動き、相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きく上昇する特徴があります。過去のチャートを見ると、大きな出来事が起きた後は大きく上昇していることが分かります。



ということで、今後の株価を予想すべく2009/10/01~2010/02/23までの『ニューヨークダウとVIX指数』のデイリーデータを調べてみました。

続きを読む...



VIX指数が先週末27.31% (米株投資家の不安心理映すVIX指数が一時14%超上昇)

先週末、米株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティー・インデックス(VIX指数)が21日、一時14.03%上昇し21.30%をつけたようです。

理由は、オバマ大統領による銀行規制提案を受けて金融界や投資家の警戒感が強まった為。


【VIX指数とは】
シカゴ・オプション取引所が作り出した「ボラティリティ・インデックス」の略称です。VIXはS&P500を対象とするオプション取引の値動きを元に算出・公表されており、このVIX指数は投資家心理を示す数値として利用されており、「恐怖指数」という別名が付けられています。

 恐怖指数は、通常時10~20の範囲内動き、相場の先行きに不安が生じた時に数値が大きく上昇する特徴があります。過去のチャートを見ると、大きな出来事が起きた後は大きく上昇していることが分かります。



ということで、今後の株価を予想すべく2009/10/01~2010/01/22までの『ニューヨークダウとVIX指数』のデイリーデータを調べてみました。

続きを読む...



マネーサプライ推移(日本・米国・中国) -リーマンショック以後-

 3、4日前に、米連邦準備理事会(FRB)や米連邦預金保険公社(FDIC)などの米金融当局から金利上昇リスクの管理要請があったとの報道がありました。

 これは、銀行などに金利上昇リスク(債券価格などは下落)の管理強化を求める報告で、現状の「短期金利」が歴史的に低く、FRBが政策を平時に戻す「出口戦略」で将来の利上げに備えるよう、金融機関に注意を促す狙いがあるようです。
 金利変動を想定して金融機関への影響を測定する「ストレステスト」も実施されるようですが、仮に金利上昇となると、債券価格の下落などで評価損が発生するリスクを抱える形となり、 金融当局からは、3~4%の金利変動を前提において影響を見極めるべきとの内容でした。

中国や日本はどうでしょうか?

続きを読む...



中国の株式市場とは

中国の株式市場は大きく分けて香港、上海、深センの3つに分けることができます。 このうち香港市場はさらにメインボードとGEM市場、上海と深センはそれぞれA株市場とB株市場に 分けられます。

china_stock_market.png


Q1) A株、B株市場とは
中国企業の発行するA株、B株は、同一権利、同一額面の株式で、株主の権利という点では差がありません。例えば、深センに上場している康佳集団(A株コード:000016、B株コード:200016)はA株とB株の両方を発行していますが、株主権利は同じです。  上海と深センのA株市場は、中国国内投資家と特定の条件を満たした外国機関投資家向けの市場で、株式は人民元で取引されます。以前は、中国本土の投資家のみが投資できる市場でしたが、2002年11月に、適格海外機関投資家(QFII)制度の導入で、外資のA株取引が部分的に解禁されました。  中国国内の投資家に加えて外国の投資家が取引できるのはB株で、上海市場では米ドル、深セン市場では香港ドルで取引されています。 B株市場はもともと、「人民元を自由化しない条件下で、外資を導入したい」と考える中国政府の策として創設された市場です。市場を全面開放するのではなく、部分的に取引を行なえるようにすることで、海外マネーの流入を図ったのです。現在の上場企業数は上海と深セン合わせて109社。その8割が同時にA株も発行しています。 ただし、B株市場の上場企業数はA株市場で上場する企業の7%程度にとどまっていますから、B株はA株に比べて規模の小さい市場です。
 中国国内の個人投資家にB株取引が開放された2001年2月には、大量の資金がB株市場に流れ込み、多くの銘柄が暴騰しました。上海、深センB株の出来高を見ても、2001年2月に急激に増えていることが分かります。

Q2) メインボードとGEMとは
香港市場の中の2つの市場の事で、全ての外国人が取引出来ます。
香港のメインボード上場企業数は2008年5月時点で1056社、時価総額は18兆9068億HKドル(252兆7800億円)に上ります。
 GEM市場は「Growth Enterprise Market」の略で、香港証券取引所が1999年11月に併設した新興企業向け市場です。中小型成長株を対象としており、株主数や売上高などの公開基準がメインボードより緩くなっています。米国店頭株市場ナスダック(NASDAQ)や日本のJASDAQに相当。

Q3) H株市場、レッドチップとは
H株(H Shares)は、登記地が中国の本土企業が香港で発行する株式で、発行するのは中国で登記された中国企業で、本土で事業を展開しながら香港市場に上場しているものを指します。
H株の「H」は「Hong Kong」の頭文字を採ったもの。道路、電力、鉄鋼など重厚長大型の国有企業が多く、H株は香港市場で海外の資金を調達する手段となっており、これら企業には中国本土の法律が適用されます。
また、H株企業の中には、本土のA株市場にも上場している企業がありますが、A株とH株は、同一権利、同一額面の株式です。

レッドチップは、一般に中国資本が30%以上で、香港またはバミューダ、ケイマン諸島などのタックスヘイブンで登記されている銘柄の事で、主に中国本土に事業資産がある海外登記企業で、香港に上場しているものを指します。
レッドチップは一般に中国政府系資本が30%以上、通常はケイマン諸島やバミューダ諸島、英領バージン諸島(BVI)などで登記されています。法律と会計制度は登記地のものが適用されます。
「レッドチップ」は、収益性、安定性、成長性に優れた優良株を意味する「ブルーチップ」を中国共産党のカラーにもじって呼んだことに端を発しています。

また、H株、レッドチップのいずれにも属さないものもあり、これらは香港の地場企業または海外の香港上場企業などです。

中華人民共和国(中国)とは

中国情報について下記纏めてみましたので、今後の投資情報としてご参考下さい。
尚、数回に分けて中国の基本情報や株情報等を記載していきます。

中華人民共和国(中国)
  ・ 面積:約960万平方キロメートル(日本の約25倍で世界3位の国土)
  ・ 人口:約13億人(世界最大)

国内総生産(GDP)
  ・ 24兆9530億元(2007年)
    1ドル=7.3046元(2007年末)換算で、約3兆4000億ドル(世界4位)
    ※ 2008年にはドイツを抜き世界3位の見込み(1位 アメリカ、2位 日本)
    ※ 21世紀半ばまでに米国を抜き世界1位になる見込み(日本が抜かれるのは2011年頃)
  ・ 世界経済のけん引役
    日米欧の先進国⇒「BRICs」等の新興国にシフト
    ※ 国際通貨基金(IMF)10月8日発表の2009年世界経済見通しは日米欧ともゼロ成長。
       中国は9.3%成長で世界全体では3.0%成長

1人当たりGDP
  ・ 約2460ドル(2007年)(数値はIMF推計値で世界107位)
  ・ 経済成長率:11.9%(2007年)
  ・ 物価上昇率:4.8%(2007年、消費者物価)
  ・ 失業率:4.0%(2007年末、都市部登録失業率)
  ・ 米国と肩をならべる「21世紀の超大国」へ
  ・ 低所得国家からの脱却、そして「世界の工場」~「消費大国」へ

中国 GDP 推移


2007年 中国経済指標



FXサイト
FX & 証券会社ニュース
※お得な情報満載!
クリックだけで各カテゴリーに特化した情報にアクセス!

現金プレゼント比較表
キャンペーン情報(FX会社)
キャンペーン情報(証券会社)
キャンペーン情報(銀行)

※新商品&サービス情報満載
FX会社の動向
証券会社の動向
銀行の動向
ETF ・ 確定搬出年金(401K)
MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
※12/2更新
MRF年利・金利 比較表
最新記事
絞込み検索(カテゴリ別)
月別アーカイブ
証券会社
楽天証券

ネット証券最強のトレーディングツール「マーケットスピード」、ネット証券随一の「多彩な商品」(中国株やインド株)を取り揃えており、注目度の高いネット証券会社です!

海外ETFの最大手! 全銘柄82種(米国ETF 68銘柄・中国ETF 19銘柄)で、ニューヨーク証券取引所・ナスダック・アメリカン証券取引所に上場している米国ETF、香港証券取引所に上場する中国ETFを取扱ってます。
・Vanguard Total World Stock ETF
・Vanguard Emerging Markets ETF
・Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF
・Vanguard European ETF
・Vanguard Pacific ETF
・Vanguard Small-Cap ETF
・Vanguard Total Bond Market ETF
※その他に多くのETFがあります。

国内・海外のノーロード・インデックスファンドの三菱UFJ投信の-『eMAXISシリーズ』の売買が出来ます。
信託報酬1%以下で超安いです。

・eMAXIS 日経225インデックス
・eMAXIS TOPIXインデックス
・eMAXIS 国内債券インデックス
・eMAXIS 国内リートインデックス
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・eMAXIS 先進国債券インデックス
・eMAXIS 先進国リートインデックス
・eMAXIS 新興国株式インデックス
※多くのファンドが1000円から投資可能です。

SBI証券

業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手。
国内・海外のノーロード・インデックスファンドの住信-STAMシリーズの売買が出来ます。
信託報酬1%以下で安いです。

・STAM TOPIXインデックス・オープン
・STAM 国内債券インデックス・オープン
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・STAM 新興国株式インデックス・オープン
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・STAM 新興国債券インデックス・オープン
・STAM J-REITインデックス・オープン
・STAM グローバルREITインデックス・オープン
※多くのファンドが1000円から投資可能です。


さらに手数料が安い海外ETFも豊富に取り揃えてます。
・iShares MSCI KOKUSAI Index Fund
・iShares S&P500 Index Fund
・iShares MSCI EAFE Index Fund
・iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
・iShares MSCI KOKUSAI Index 等。
※その他に多くのETFがあります。

マネックス証券

外国株式クラスのファンド
・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・年金積立インデックスF海外株式

日本株式クラスのファンド
・インデックスファンドTSP

外国債券クラスのファンド
・年金積立インデックスF海外債券

※上記全てノーロード投資信託です。

※多くのファンドが1000円から投資可能です。 特徴として、ヘッジ・ファンド、ベンチャー・キャピタル、非上場株式ファンド、不動産ファンド、再生系ファンド等の、オルタナティブ投資が1万円から可能です。

カブドットコム証券

東証アローヘッドに完全対応!

ノーロードファンドは、88ファンドでネット証券屈指の本数! 便利さやわかりやすさで、初心者の資産形成からベテランの分散投資まで、幅広くご活用できます。

セゾン投信

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(販売手数料なし)

このファンド1本で、世界30ヶ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資。 また、米バンガード社のインデックスファンドが8本組み入れられており信託報酬0.77%±0.02%と低コストです。

銀行
住信SBIネット銀行

無料の入出金手数料
【制限無しは、セブン銀行】
【月5回まで出金手数料無料は、ゆうちょ銀行、ローソンATM、
コンビニATMのイーネット】
 ※お預け入れは無料。

他行振込手数料無料
【月3回まで、イーバンクは不可】

キャンペーン盛りだくさん!


楽天銀行

ゴールドラッシュプログラム
【楽天銀行口座へ他の金融機関から「振込」があった場合、その「振込件数」に応じて対象となる楽天銀行の口座へ現金をプレゼントするプログラムです】
【月間の振込件数によって、1件あたりのプレゼント金額がアップ!】
キャンペーン盛りだくさん!


ジャパンネット銀行

◇ネットショッピング、オークション、競艇・競輪・競馬のインターネット投票など、ジャパンネット銀行は安心・便利なサービスを提供しています。


相互リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
MMF & 外貨MMF
※ 円から外貨に両替すれば、そのまま外債やMMFの売買が可能です。(お好きなタイミングで円に両替もOK!)
確定搬出年金(個人型401K)
※ 近年注目度を上げている年金制度で、特に税制面でのメリットが大きく「知っている人が得をする」ような制度です。
※ 受取時は税金上「退職金」「年金」扱いとなります。
※ 他の企業年金からも非課税で資産を持ち運べます。
ローン金利ランキング
※ 銀行・金融機関が取り扱うおまとめローンを金利ランキング形式で掲載。
リアルタイムレート
お勧めFX会社

マネックスFX
スワップが良くシステムも堅牢の、マネックスグループのFX専業子会社。 ドル/円スプレッドは2銭からで、4キャリアの携帯端末に対応しています。
信託保全100%なので、もしもの時も安心です。
FXスプレッドランキング
※ FX会社・現金プレゼントキャンペーン比較表

  2/27  更新!!
口座開設で現金がもらえる!FX業者の現金プレゼントキャンペーン比較表はこちらから!

※ 社名をクリックするとFX業者のHPにアクセスできます。

USD/JPY FX業者
0.5銭~ FXブロードネット
0.6銭~ アイディーオー証券
0.7銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
MJ
0.8銭固定 クリックFX
フォレックス・トレード
1銭固定 外為オンライン
1銭~ 【サイバーエージェントFX】
マネースクウェア・ジャパン
ヒロセ通商・Lion FX
エースでねらえ!FX
GFT
2銭~ マネックスFX
フォーランド
セントラル短資
楽天FX
FX Online Japan
マージンFX


EUR/JPY FX業者
0.6銭~ DMM FX
0.9銭~ FXブロードネット
1.3銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
1.6銭~ アイディーオー証券
1.8銭固定 フォレックス・トレード
1.8銭~ クリックFX
2銭~ 外為オンライン
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
エースでねらえ!FX
GFT
3銭~ マネックスFX


GBP/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.2銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.8銭固定 フォレックス・トレード
2.8銭~ クリックFX
3銭~ ヒロセ通商・Lion FX
4銭~ エースでねらえ!FX
GFT
4.7銭~ FXブロードネット
5銭~ マネックスFX
外為オンライン
FX Online Japan
MJ
6銭~ 【サイバーエージェントFX】
8銭~ フォーランド


AUD/JPY FX業者
1.2銭~ DMM FX
1.5銭~ アイディーオー証券
1.9銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2銭~ クリックFX
GFT
3銭~ 【サイバーエージェントFX】
エースでねらえ!FX
3.6銭~ FXブロードネット
4銭~ マネックスFX
楽天FX
MJ
5銭~ 外為オンライン
6銭~ フォーランド


NZD/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.4銭~ クリックFX
3銭~ GFT
4銭~ 【サイバーエージェントFX】
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
6銭~ マネックスFX
外為オンライン
10銭~ フォーランド


CAD/JPY FX業者
2.5銭~ アイディーオー証券
3銭~ クリックFX
GFT
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
外為オンライン
トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】
9銭~ フォーランド


CHF/JPY FX業者
2銭~ DMM FX
GFT
3銭~ クリックFX
3.8銭~ FXブロードネット
4銭~ MJ
5銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】


SGD/JPY FX業者
6銭~ マネックスFX


HKD/JPY FX業者
3銭~ マネックスFX


TRY/JPY FX業者


ZAR/JPY FX業者
3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
DMM FX
3.8銭~ 楽天FX
4銭~ マネーパートナーズ
クリックFX
5銭~ マネックスFXエースでねらえ!FX
7銭~ フォーランド
FXスプレッドランキング(Ⅱ)
EUR/AUD FX業者
4pip~ MJ
6.8pip~ FXブロードネット


EUR/CAD FX業者
4.9pip~ FXブロードネット
7.0pip~ MJ


EUR/CHF FX業者
2pip~ MJ
2.8pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX


>
EUR/GBP FX業者
2pip~ ヒロセ通商・Lion FX
2.9pip~ FXブロードネット
3.0pip~ MJ


EUR/NZD FX業者
8.0pip~ MJ
8.2pip~ FXブロードネット


EUR/TRY FX業者


EUR/USD FX業者
0.5pip~ FXブロードネット
0.8pip~ DMM FX
1pip固定~ 外為オンライン
1.6pip~ クリックFX
2pip~ マネックスFX
トレイダーズ証券「みんなのFX」
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
3銭~ フォーランド


GBP/AUD FX業者
6.0pip~ MJ
7.6pip~ FXブロードネット


GBP/CAD FX業者
9pip~ MJ


GBP/CHF FX業者
4pip~ クリックFX
6pip~ MJ
6.3pip~ FXブロードネット
10pip~ フォーランド


GBP/NZD FX業者
12.1pip~ FXブロードネット


GBP/USD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.6pip~ FXブロードネット
3.0pip~ クリックFX
MJ
4.0pip~ 【サイバーエージェントFX】
5.0pip~ マネックスFX


USD/AUD FX業者
1.4pip~ DMM FX
1.9pip~ FXブロードネット
2pip~ MJ
3pip~ クリックFX


USD/CAD FX業者
3.9pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX
5pip~ MJ
8pip~ フォーランド


USD/CHF FX業者
2pip~ Hirose-FX
2.8pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX
MJ
7pip~ フォーランド


USD/GBP FX業者
2pip~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.6pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX


USD/NZD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.7pip~ FXブロードネット
4pip~ MJ


USD/SGD FX業者


USD/TRY FX業者


AUD/CAD FX業者
3pip~ MJ


AUD/CHF FX業者
3.7pip~ FXブロードネット
4.0pip~ MJ


AUD/NZD FX業者
7.0pip~ MJ
7.1pip~ FXブロードネット
検索フォーム
キャンペーン情報
■マルサントレード(丸三証券)口座開設後2ヶ月は株式売買手数料無料!

■FX業者・現金プレゼントキャンペーン比較表 (2/20更新)

ブックマークへ簡単登録
※クリックだけで簡単登録できます。


カウンター(2009.9.13設置)
プロフィール

millionaire

Author:millionaire
■会社員ですが早期リタイヤを目指し投資活動に奮闘中。

■投資スタイルはリスクが高い国内個別株で中期運用してますが、海外に資産シフト中。
資産は長期国際分散投資しています。

ご注意事項
1.本ブログで扱っている内容は、あくまで、管理人の個人的な見解に基くものです。一切責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。投資は自己責任でお願い致します。

2.本ブログ記事の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。