インドは世界経済安定には重要な国

先日、米スタンフォード大学で、WTOのラミー事務局長が「現在の金融危機を阻止するためには、欧米日など先進国だけの努力では不可能であり、インドや中国といった新興国の積極的な参加が不可欠だ」と述べました。

内容として、 「先進国(特に欧米)が経済危機に陥っている。 しかし、インド、中国をはじめ、ブラジル、メキシコ、インドネシア、南アフリカといった新興国はさほどの被害を受けず、いまだに成長力がある。
その新興国の成長を支えてきたのはWTOでの枠組みの下での貿易であり、中でも米国との取引が大きな割合を占めている。
米国の不況が新興国に大きく影響するとともに、新興国の経済が停滞すれば米国にとっても影響は大きい。世界中が密接に関係し合っている。今や経済だけでなく環境問題についてもインドや中国の参加が不可欠だ」と述べました。

 11月15日には米国で、先進8カ国(G8)に新興国を加えた20カ国の国際会議(G20金融サミット)が開かれる予定。インドもこれに参加し、積極的な協力を提案する意向だ。

続きを読む...

スポンサーサイト





NYダウ・9000ドル台回復 過去2番目の上げ幅、889ドル高

為替でも10%近い円安、昨日はFXで儲けた方もいらっしゃると思います。
この調子で日経平均も10%近い上昇を期待したいですね。
この数ヶ月で資産が激減してますので、早く信用回復し金融が安定化になれば良いですね。

【NIKKEI NET 2008/10/28より引用】
28日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに急反発。前日比889ドル35セント高の
9065ドル12セントで終えた。上げ幅の大きさは過去2番目。前日に急落したアジアの主要株式相場が急反発したほか、欧州株も堅調となった。
リスク資産圧縮の動きが一巡したとの思惑から買いが優勢となった。午後に買いが膨らみ、
主な株価指数はこの日の高値圏で終えた。午前発表された10月の米消費者信頼感指数が
前月比で急低下し過去最低を更新し、売りが優勢となる場面もあった。

 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6日ぶりに急反発し、同143.57ポイント高の
1649.47で終えた。
【引用おわり】


ブロック・トレーンによる高速一貫輸送 (ロシア向け)

今回の話しは少し難しいかもしれませんが、極東地域からロシア、ヨーロッパ向けの物流で、
一部の海上輸送貨物がSEA & RAIL(海上と鉄道の複合輸送)への変化が予想されるので、
TSR(トランス・シベリアン・レールウェイ)CLB(チャイナ・ラウンド・ブリッジ)について、
ご紹介したいと思います。

TSRの説明ですが、樺太に近い極東ロシアのVostochnyを起点として、
Moscowまで約9400kmの鉄道区間の事で、Moscowから更にSt.Petersburgや欧州にも輸送可能。 また、TSRの軌道幅は、1520mmで統一されています。(旧ソ連、CIS独立国家共同体、モンゴル)

CLBは中国の連雲港を起点としてカザフスタン・シベリア経由で
Moscowまでの9200kmの鉄道区間を言い、TSRに比べCLBは200km距離が短くなります。
CLBの軌道幅は中国が1435mm、カザフが1520mmである為、途中のDostykで積み替えが必要。
また、下の地図を見るとCLBからTSRに北へ3本のルートが延びてますが、これらもCLBとなります。

TSRとCLBルートマップ
米国のサブプライム・ローン問題に端を発した金融恐慌は欧州にも飛び火し、空前の経済成長を
おう歌していたロシアさえも急激な株価下落にみまわれてます。
それでも、西欧市場に比べるとロシアや中央アジアはこれから期待できる市場です。

既に報道されているように、今年10月から自動車メーカーのマツダが広島工場と防府工場の
2工場から、1000台の完成車が自動車専用船で輸出されました。
輸送ルートは極東ロシアのTroiza(旧Zarubino)まで運び、TSRの*ブロック・トレーン3便に分けて
Moscow均衡の鉄道ターミナルまで輸送され、輸送日数は18日間。 
それ以前は、海上輸送でフィンランド経由の輸送日数は50日間。
TSR輸送により、トータル輸送日数が大幅な短縮が可能となり、今後も週1便で輸送となるようです。
現在の輸送コストは、海上料金の方が安いが、メーカーとしてスピードを優先したものと思われます。

また、日本、中国、韓国等からロシア、欧州向けの鉄道起用の輸出需要がでているようです。
ドイツ鉄道傘下のフォワーダー(飛行機・船・鉄道等を利用し輸送するサービス会社)が
来年の2月から中国~ドイツ間で鉄道コンテナサービスを週2便で開始すると発表した事で
需要が伸びている事が裏付けられます。 (輸送日数は20日間)
ルートは、中国~モンゴル~ロシア~シベリア鉄道Moscow経由でBelarus、Poland、Germanyまでとなります。 問題点として、中国、モンゴル、ベラルーシ、ポーランド国境でのコンテナ積み替えや
6ヶ国をまたぐ輸送の為、通関手続きが迅速に行われるかが今後の課題と予想できます。

  * ブロックトレーンは列車1編成で貨車や客車など異なった車両で1編成の鉄道。
   ちなみに同一車両で編成された鉄道をユニットトレーンと言います。


ジェイコム男(B.N.F氏)、秋葉原駅前ビル1棟90億円お買い上げ。

 今日のスポーツ紙の記事ですが、ジェイコム男(B.N.F氏)は、最近の株価大暴落の中でも資産を増やし続け、今月中旬には一時、昨年末から約25億円多い「資産総額約210億円」に達していたことが昨日分かったそうです。
現在も資産総額約200億円あり、今月には東京・秋葉原駅前のビルを約90億円で「1棟買い」して、
不動産投資にも進出していたことが判明。

 B・N・F氏によると、日経平均株価がバブル崩壊後最安値を更新した27日も無傷で、前週末比プラスで終了したそうです。 株価が大暴落を続ける中、資産総額が過去最高を記録したのは、日経平均終値が前週末比約1171円高となった今月14日で、その日に計約210億円に達したとの事。

 B・N・F氏は昨年12月初めの時点で資産総額約185億円だった。米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的金融危機の嵐が吹き荒れ、大手金融機関も次々経営危機になる中、
同氏は利益を着実に出し続け、昨年末以来、資産総額で最大約25億円を増やしていた計算になる。

 雑誌に9月から米国株取引を始めたとの記事がありましたが、リーマン・ブラザーズ株が
急落した際に約7億円分購入。しかしその直後の9月15日に同社の経営破たんが発表され
損失を出したらしい。 また先週、日本株で今年最大の損失である約5億円の損を出したという。
B・N・F氏は、米国株はほかの銘柄で利益が出たので合計はプラスになったが、
日本株との両立はきついので今は米国株を手仕舞っている模様。

 最近、ネット上で株価暴落をめぐり、B・N・F氏の「巨額損失説」「退場説」など根拠なき
うわさが多数流れていましたが、やはりすごい方だったんだと改めて思いますね。


イオン、「円高」で300品目を新たに値下げ

僕が高校生だった20数年前、ファミリーレストランでバイトしていた時によく聞いた言葉、
それは「円高差益キャンペーン」。

サーロインステーキが通常1980円であるのに対し、その当時1000円引きの980円。
当時は社会の事が良く分からず、円高は日本人にとても利益を与えてくれるものと思ってましたが、社会人になってからは、円高は決して日本人に利益をもたらしてくれるものではないと分かりました。

20数年前と現在で大きく違う事は、現在は世界的不況であり経済や社会がおかしくなっている事。
円高の時は、ここぞとばかり海外に何回も行きましたが、今はそんな気持ちに到底なれません。 
輸入専門業者は利益がでてよいかもしれませんが、輸出で食べている日本は大打撃ですよね。

こんな事を言っても仕方ありませんが、またイオングループのジャスコで値下げがあるようです。
とりあえず今は我慢の時、円高で安く買えた分、残りは貯金をして生活防衛に努めていきたいと
思います。

【NIKKEI NET 2008/10/27より引用】
イオン、「円高」で300品目を新たに値下げ まずジャスコで
 イオンは27日、円高で調達コスト削減が見込める商品300品目について、11月から2月末まで10―30%店頭価格を下げると発表した。まず、総合スーパーのジャスコ310店舗で実施し、順次マックスバリュなど同グループの他のチェーンにも広げる考え。

 ワインやマグロ、牛・豚などの畜産品や調理器具、衣料品などが対象。「オーストラリア産牛肉(ロースステーキ用、100グラム)」や「大ばちまぐろ刺身用(100グラム)」は398円から298円に下げる。フランス製の調理器具は10%値下げする。

 同社は18日から、1000品目について10―30%の値下げを実施中。今回対象となるのはこれとは別の商品で、割安な価格を武器に生活防衛に走る消費者をつかみたい考えだ。
【引用おわり】


日経平均株価、26年ぶり安値

前場の日経平均は値幅が小さく推移してましたが、後場になり急に値を下げました。
結果はバブル後最安値7607円を更に下回る7162.90円。

G7(日米欧主要7カ国)は、円の過度な変動は経済及び金融の安定に対して
悪影響を与えるとの声明を発表した事から、市場関係者は円売り介入(日銀砲)の可能性があるとの
観測も出てきたようです。

世界でこの数ヶ月の間に「3000兆円以上」が消失したとの報道もありますし、
早めに政策を打ち出し経済が安定するよう対応をお願いしたいですね。

【NIKKEI NET 2008/10/27より引用】
日経平均、26年ぶり安値 終値486円安
27日の東京株式市場は日経平均株価が4日続落し、2003年4月28日に付けたバブル経済崩壊後の最安値(7607円)を下回った。午後に入り銀行株が一段安となり下げを主導、日経平均は前週末比486円18銭(6.36%)安の7162円90銭で取引を終えた。香港や韓国などアジアの主要株式市場も全面安になっている。金融危機を引き金に世界景気が後退局面に入るとの見方は根強く、円高・株安が同時進行する「負の連鎖」が一段と警戒されている。

 日経平均は1982年10月7日(7114円64銭)以来、26年ぶりの安値水準になった。

 資本増強を検討中と伝わったメガバンク株が、午後に入り制限値幅の下限(ストップ安水準)まで相次ぎ急落し、下げを加速した。増資による1株利益の希薄化懸念に加え、株安が財務基盤や国内景気に与える悪影響が懸念された。
【引用おわり】


バブル後最安値を更新か…米株安・円高が圧力

明日からの株式市場ですが、円高懸念でバブル後最安値である『7607.88円』を超える展開になる
可能性があるとの報道がありました。
その一方で急激な円高は一服し、明日からの株式市場は反発するとの声も出ているようです。

もし、バブル後の最安値を更新すれば、26年ぶりの低水準となるようだ。
円高の流れに変化はなく、先週末のロンドン円相場で90円をつけましたが、
それを越えてくる可能性は否定できず、そうすると輸出国日本はダメージが大きくなりそうです。

明日からの株式市場は目が離せない状況です。 (でも本業があるから無理か。。。)


ロシア大手行が中堅行を救済買収

サブプライムローンに端を発する金融不安により海外からの投資資金が引き揚げられ、流動性不足に陥ったロシアの中堅金融機関が大手国営金融機関に救済買収される事例が出てきたようです。
為替も大幅なルーブル安に転じており、海外商品を国内で販売している企業は為替差損を被りそうだ。

<株価はピーク時の3割の水準まで急落>
 米投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻を受け、株式市場は下落を続けた。このため、10月22日には、代表的な株式指標であるロシア取引システム(RTS)指数の終値が、ピーク時(5月19日)を100として26.8、モスクワ銀行間通貨取引所(MICEX)指数は、ピーク時(12月12日)を100として32.1と、いずれも3割程度に急落した。

 海外からの投資資金が引き揚げられたことから、各金融機関は流動性不足に陥り、特に中堅金融機関の中には国営大手銀行に買収される動きが出てきた。例えば、スビャジバンクは国営大手の対外経済活動銀行(VEB)が株式の98%を取得することになった。同様に、9月から預金の流出が続いていたバンク・グロベクスも、10日に定期預金の途中解約を停止する事態に陥り、VEBにわずか5,000ルーブル(1ルーブル=約0.04ドル)で買収されることが決まった。このほか、ソビンバンクや大手投資会社KITフィナンスはガスプロム傘下の銀行に買収されることになった。

新興国の中でも大幅に値を下げているロシア。
ロシアに投資を始めようとしてた時に、グルジア問題、金融不安等で大幅に値を下げた為、
投資を断念しましたが、ロシアは広大な国土に資源がある国。
可能であれば時期をみて投資をしてみたい国ですね。


ブラジル株大幅安 ボベスパ指数、08年下落率50%超に

経済絶好調だったブラジルでされ、世界金融不安の影響を回避出来なかったようです。
ブラジル株式・債券とも大幅下落しているが、政府は楽観の姿勢を保っているようです。

【NIKKEI NET 2008/10/25より引用】
ブラジルのサンパウロ証券取引所は24日、代表的な株価指数のボベスパ指数が前日比6.91%下落し、31481で取引を終えた。4日連続の下落で、今年に入ってからの下落率は50.7%になった。ボベスパ指数は2005年11月以来の低水準。

 アジアなど海外市場の流れに加え、原油価格の低下を受けてペトロブラス株が下落。銀行株や為替のデリバティブ取引で損失を計上した企業の株が売られた。
【引用おわり】

また、ルーラ大統領は予算削減の可能性を言及しており、税収の減少による政府支出削減の可能性に触れるなど、影響があることは認めつつある。

続きを読む...



販売中止、フォルティス-欧州排出権先物価格連動ファンド

2008年10月30日設定予定だった、『フォルティス-欧州排出権先物価格連動ファンド』が、
急遽、10/23 17:00に販売中止となりました。

運用方針は、EU排出権先物価格に連動するユーロ建て債と欧州国債に投資する内容でしたが、
フォルティス・アセットマネジメント株式会社が、当初募集額が設定に見合う金額に達するのが
困難な状況であると判断した為、販売中止になったとの事でした。

この事により、既にインターネット経由でご注文いただいた方には、
買付代金が速やかに返金されるそうです。

続きを読む...



NY原油急落、12月物64ドル 金は15ドル高の730ドル

先日ガソリン価格が安くなり、車を運転する事が多くなってきてますが、
また、ガソリンが安くなりそうですよ。

【NIKKEI NET 2008/10/25より引用】
24日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は急反落。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の12月物は前日比3.69ドル安の1バレル64.15ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)が同日、原油価格の下落に歯止めをかけるため11月からの減産を決定した。ただ、世界景気の悪化に伴う原油需要の減退懸念は根強く、売りが膨らんだ。原油先物は一時62.65ドルまで下げ、2007年5月末以来、約1年5カ月ぶりの安値を付けた。

 24日のニューヨーク金先物相場は4営業日ぶりに反発。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である12月物は前日比15.6ドル高の1トロイオンス730.3ドルで取引を終えた。一時、681ドルちょうどと約1年1カ月ぶりの安値を付けたものの、値ごろ感などからの買いが入り、上げて終えた.。
【引用おわり】

続きを読む...



インド・預金準備率引下げ効果も長続きせず。

アメリカ市場の影響が諸外国に比べ、あまり相関してなかったインドでも、
世界的金融不安には勝てないようで海外機関投資家がインド市場とからも逃避し始め、
流動性の危機に陥っています。
インド政府や中央銀行が対策を打ち出しても、あまり効果が見られないようです。

先月下旬、インド最大手の民間銀行であるICICI銀行の財務健全性を巡る噂で株価が急落し、
9月末にインド準備銀行が、ICICI銀行は十分な資本と支払い能力があることを声名発表し、
その数日後は、沈静化しました。
約5年前に、ATMの現金が不足、銀行の経営破たんの噂が広まり、預金者が解約に殺到する場面
もありましたが、今回のICICI銀行ではそこまでの混乱はなかったようです。

さて、10月中旬実施のインド準備銀行の施策ですが、あまり効果はなかったようです。
今後の更なる施策を期待したいところですね。

続きを読む...



インド市場急落、BSE Sensex指数は前日比マイナス11%

 10月24日、インドを代表する30銘柄で構成されるSENSEX指数は、円高進行懸念で急落した
東京株式市場のあおりを受けて寄付きから下げ8.940.48まで下落、9000P台を割る展開となった。
終値は8701.07(-1070.63 ・ -10.96%)で取引を終えた。

 急激に不足していく流動性対策としてインド中銀は20日、金融政策会合を待たずに緊急利下げを行ったが、株式市場ではおよそ2年半ぶり安値が続く展開。素材セクターが連日の暴落、ヒンダルコが20.8%安、タタ・スティールが14.1%安、マヒンドラ&マヒンドラが12.4%安、タタ・モーターズが11.8%安、スターライトが11.5%安となっている。

 また、資本流出が為替に与える影響が顕著となっており、為替市場では24日朝方、ルピーが対ドルで急落し、50ルピー/1ドルを突破した。


円、一時対ドルで90円台に上昇 対ユーロでは一時113円台

今日の日経平均は戦後5番目の大幅な下げでした。
日本の輸出企業の業績悪化に対する警戒心が一段と高まっていると思われます。
また、本日は為替も大きな動きがありました。

【NIKKEI NET 2008/10/24より引用】
24日午前のロンドン外国為替市場の円相場は大幅続伸。午前10時45分現在、前日終値に比べ6円25銭円高・ドル安の1ドル=91円20―30銭で推移している。

 日欧の株式市場が急落したことを受けて投資家のリスク回目的の円買い・ドル売りが強まった東京時間の流れを引き継いで始まった後、ロンドン取引時間に入ってドル売りが加速している。午前10時半頃に円は1ドル=90円台後半と、1995年8月以来の水準まで上昇する場面もあった。

 円の対ユーロ相場は急伸。同11円50銭円高・ユーロ安の1ユーロ=114円10―20銭で取引されている。

 世界的な株安を背景に、低金利の円を借りて高金利通貨などで運用する「円キャリー取引」を解消する投資家の動きに伴うユーロ売りが進んでいる。ロンドン取引時間に入ってから円は上げ幅を拡大し、ほぼ6年ぶりの円高・ユーロ安水準で推移でしている。ユーロは一時、1ユーロ=113円台後半まで売り込まれた。

続きを読む...



緊急金融サミット、11月15日に開催 米政府発表

緊急金融サミットの開催が来月15日で決まったようです。

【NIKKEI NET 2008/10/23より引用】
米ホワイトハウスは22日、金融危機対応を協議する国際的な緊急首脳会合を11月15日にワシントンで開催すると発表した。
主要国首脳会議(サミット)に参加する日米欧のほか、中国やインドなど新興国も含めた合計20カ国(G20)が出席。主要国と新興国の首脳が集まり、グローバル規模での異例の政策協調を目指す。

 参加国はG20財務相・中央銀行総裁会議を構成する主要・新興国。国際通貨基金(IMF)の専務理事、世界銀行総裁も出席する。日本の麻生太郎首相は先に参加の意向を表明している。

 ペリーノ米大統領報道官は記者会見で「金融危機の原因、各国の対応と進捗状況などを議論する」と説明。金融規制改革についても協議するという。
【引用おわり】

しばらくは乱高下が続く相場になりそうです。
短期売買のFXとかも良いかもしれませんね。

住信SBIネット銀行とは?

テレビCMでおなじみ僕のメインバンクの住信SBIネット銀行を紹介したいと思います。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ▼ 住信SBIネット銀行とは? ▼
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 2007年9月24日に開業した住友信託銀行と
 SBIホールディングスを出資会社とするインターネット専業の銀行です。
 新しいネットバンクとして、お客さまが、より満足できるような
 これまでにないサービスを提供いたします。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ▼ 振込み手数料は? ▼
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 ★ 他行宛振込手数料は 【月3回まで無料】!
    ※イーバンク銀行への振込は無料対象とはなりません。
    ※4回目からは150円(税込)となります。
 ★ もちろん当行宛振込手数料は回数制限なくいつでも無料です♪
 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ▼ どこのATMを利用できるの? ▼
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 ★ 全国のセブン銀行、ゆうちょ銀行、コンビニATMが使えます!
 → セブンイレブン、ゆうちょ銀行、ローソン、ファミリーマート、
    ミニストップ、サークルKサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキなど

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
    ▼ ATMの利用手数料は? ▼
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

 ★ セブン銀行ATMでは 【お引き出し手数料は0円】!

 ★ ゆうちょ銀行、ローソンATM、コンビニATMのイーネットでは
    【合計月5回までお引き出し手数料が無料】!
    ※お預け入れは無料でご利用いただけます。

 → https://contents.netbk.co.jp/pc/popup/p_charge_for_service.html

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
また、SBI証券と連携のハイブリッド預金もお薦めです。(税引前金利は4.5%)



今回、ご紹介した2社の口座開設は下記社名をクリックすれば口座開設できます。
住信SBIネット銀行

SBI証券


中国・11月1日から払い戻し税還付の拡大! (増値税)

昨年7月1日実施された中国・増値税還付率の引下げですが、昨日の記事にも記載したように、
日中間だけでなく対中国の輸出入数量の減少が明らかな事から、中国政府が一転し、
増値税の還付率を引上げる政策を発表しました。

中国と取引された方や旅行された方はご存知だと思いますが、簡単に説明しますと、
増値税とは中国の付加価値税(17%)で、日本の消費税のようなものです。
中国は逆委託加工貿易が盛んな国で、原料・部品等を輸入し製品にした後、
中国から諸外国に輸出したり、一般貿易では中国国内で使用されたりしてます。

増値税の取扱いについてですが、前者の場合は中国国内に数多い輸出専門の会社や、
中国国内と海外向けの貨物(商品)を分別管理している会社があります。
それらの会社は本来輸入時に支払う増値税を免除で輸入している企業が多いようです。
後者(中国内使用)は輸入時に中国政府に増値税を支払っています。

続きを読む...



日中間コンテナ数量、8月輸出は前年比較で▲4.9%(前月比▲19.8%)

不定期ですが物流動向も、アップしていきたいと思います。

最近のニュースで、日中間のコンテナ数量減少が取り上げられており、
下記情報をまとめてみました。
世界の工場と言われていた中国ですが、原料高騰、物価高・景気、国の貿易政策、食品問題等、
様々な理由でコンテナ数量の減少に繋がっているようです。

最近の傾向は、以前に比べ中国向けの設備輸送(中国に工場設立)が少なくなってきてます。
特に中国沿海地域の富裕層が多い地域ですと、ハイテク関連メーカーは工場新設の許認可が、
得られやすくなってますが、それ以外のメーカーは工場新設が難しく、
やむなく富裕層が少ない内陸地域で工場立上げ、または中国以外の国に進出しているようです。
昔から中国に進出しているハイテク以外のメーカーは、人件費高騰や国の政策(追い出し)等で、
人件費や税金が安い東南アジアに工場移設をしているケースが多いようです。


【8月の前年比】      07年8月    08年8月   前年同月比
日本→中国(輸出)....  79041........75171 ......(▲4.9%)
中国→日本(輸入).... 174780.......162846......(▲6.8%)
-----------------------------------------------------------------------------
  合  計        253821.......238017......(▲6.2%)

※ 単位はTEU(20フィーター)です。

また、07年7月と8月の比較ですが、7月の日本→中国向け輸出は「93708TEU」で、
8月と比較すると(▲19.8%)、7月の中国→日本向け輸入は「178854」ですので、
(▲9%)となっております。
6月と7月の輸出入比較は、ともにプラスですから、8月から減少傾向となってます。

今年大きく下げている中国株式市場ですが、今後の展開が気になる所です。


重賞史上最高! 秋華賞で三連単1098万円

世界金融不安の中、京都競馬場で開催されていた「秋華賞」で大波乱があったようです。
11Rの三連単で史上最高の「1098万2020円」の払戻金(配当)がつきました。
人気の方は、4275番人気ということで、この馬券は誰が購入したんでしょうかね~。

当たった方は本当にラッキーな方です。

ちなみに僕は競馬はしませんが、友人から単勝「2990円」が当たったとの連絡があり、
この話題でもちきりでした。


さて、月曜日からの株式市場ですが、どんな展開になっていくんでしょうか?
パナソニックの6月~9月期・連結営業利益が、期初の減益予想から一転し、
営業増益となった事から、市場もそれを材料視し日経平均株価も上昇すれば良いんですが。。。
アメリカも緊急サミット開催で調整していますし、この金融不安が早く収束に向かって欲しいものです。


個人投資家の口座開設急増! 国内外株式市場の裾野拡大!

既に投資をして損を抱えている投資家とは対照的ですね。

【NIKKEI NET 2008/10/18より引用】
ネット証券の口座開設、申し込み急増 個人「買い時」と判断
 株価の乱高下が続く中で、新たに株取引を始めようとする個人投資家が急増している。10月になって、大手インターネット証券に口座開設を申し込んだ人数は、9月に比べて2倍以上に膨らんでいる。
低迷する株価水準を「買い時」と判断している個人が多いことを反映しているようだ。

 ネット証券最大手のSBI証券では10月、1日平均の申し込みが1993件と9月(851件)の2.3倍に急増。松井証券でも10月は同様に前月比2.3倍の619件に上った。申込者のうち、投資経験ゼロの人が6割を占めるという。松井は「未経験者の資産は傷んでいないので、含み損を抱えた経験者よりも投資に積極的なようだ」と分析している。
【引用おわり】


※ 割安な手数料の上記証券会社は下記から口座開設できます。

松井証券

SBI証券


ゆうちょ銀行・郵便局と他の金融機関との振込開始(平成21年1月5日より)

他行に比べ口座入出金手数料(土・日等)が有利な条件の「ゆうちょ銀行」ですが、
今まで出来なかった他行との相互の振込みが出来るようになります。

手数料が発生しますので、他行同様に手数料無料のメニューが必要かもしれません。
住信SBI銀行も月3回は無料ですし、みずほマイレージクラブだって条件され満たせば、
すごく使いやすいですからね。 (来年1月5日から開始予定との事です。)

あと、新たに口座番号が追加になりますので、最寄の郵便局に通帳を持って行き
振込用の店名・店番・預金種目・口座番号を通帳に印字する必要があります。

詳しくは下記ゆうちょ銀行のHPリンクを貼ったので見てみて下さい。
ゆうちょ銀行(他行と相互に振込み開始)


ニューヨーク・ダウ平均株価、前週末比では4.7%上昇

9月以後に米株式投信の資金流出が約10兆円との報道もありましたが、
著名投資家のウォーレン・バフェット氏が米国株に投資をしているようです。

【NIKKEI NET 2008/10/18より引用】
ダウ平均、前週末比では4.7%上昇 景気・業績懸念は根強く
17日の米株式市場でダウ工業株30種平均は8852ドル22セントと反落して取引を終えたものの、前週末(10日、8451ドル19セント)比では401ドル3セント(4.7%)の上昇となった。ダウ平均が週間ベースで上昇するのは5週ぶり。主要金融機関への公的資金注入などの金融安定化策を受け、株安にひとまず歯止めがかかった格好だ。ただ、景気や企業業績の下振れ懸念は根強く、週明け以降に向けて不安定な要素は少なくない。

 17日もダウ平均は上昇と下落を繰り返す目まぐるしい展開が続いた。景気下振れ懸念から取引開始直後に一時約260ドル安まで急落したが、著名投資家のウォーレン・バフェット氏がニューヨーク・タイムズ紙への寄稿で現在、米国株を買い進めていることを表明したことなどが材料視され、約300ドル高まで上昇する場面もあった。ダウ平均の日中の変動幅は560ドルを超えた。
【引用おわり】

バフェット氏は傘下の投資会社ではなく自己資金で米国株を買っており、
「多くの健全な企業の長期的成長に不安を抱くことはナンセンス」と言っていました。
僕も同じ意見を持っており、企業の成長がなくては人々は豊かになれないと思ってます。

現在、サブプライム・ローンに端を発する世界経済の混乱で、
消費や企業投資が落ち込み、景気や企業の先行きを不安視するムードが、
急速に強まっているようですが、株価が下がれば上がるだけです。
調整する期間は長期になると予想しますが、バフェット氏が言ったように、
「5年や10年、20年先の企業利益は記録を塗り替えているはずだ」という言葉を信じ、
日々、投資活動に奮闘していきたいと思います。

(投資判断は自己責任でお願い致します)


住信SBIネット銀行、10米ドルプレゼント

僕もお世話になっている住信SBIネット銀行から下記キャンペーンの紹介です。
初めて外貨定期預金を申し込めばUS$10がプレゼントされますよ。

以下、SBI銀行HPの引用です。

~ 外貨預金をはじめるきっかけとして ~
外貨預金のお取引実績がないお客さまに、余裕資金の運用手段として米ドル定期預金をご選択いただけるようキャンペーン特典として10米ドルプレゼントするキャンペーンを実施します。
内容 対象のお客さまにもれなく10米ドルをプレゼントいたします。
対象 以下の条件を全て満たす個人・法人のお客さま(個人のお客さまは20歳以上となります)
2008年10月6日(月)より前に、当社で外貨預金取引の取引実績(約定ベース)がないお客さま
2008年10月31日(金)時点で合計1,000米ドル以上の米ドル定期預金をされているお客さま
※米ドル以外の外貨預金、米ドル普通預金の残高は対象となりません。
※米ドル定期預金の預入期間・満期取扱方法は問いません。
※代表口座、目的別口座の全ての米ドル定期預金が対象となります。

期間 2008年10月6日(月)~2008年10月31日(金)お預入れ手続完了分まで
特典付与時期 2008年11月中旬に代表口座の米ドル普通預金に入金する予定です。

・キャンペーン期間開始前に当社で一度でも外貨預金(米ドル以外の通貨も含め、普通預金・定期預金の区別なく)の取引実績があるお客さまは、本キャンペーンの対象となりません。
・他のキャンペーンとの併用ができない場合があります。「はじめての外貨預金キャンペーン」の対象となる米ドル定期預金を複数申込むことは可能です。ただし、現金特典はお1人さま10米ドルとなります。
・景品として提供されるプレゼント金額は、課税の対象となる場合がございますので所轄税務署にご確認ください。
・特典付与時期以前に当社の代表口座を解約された場合は特典の付与をいたしかねます。
・期間中であっても、金融情勢の変化等によりキャンペーン内容の変更や募集を終了させていただく場合があります。
・外貨定期預金について、詳しくは商品概要説明書をご覧ください(商品概要説明書)


以上、引用終わり

既に外貨口座があるので僕は無理ですが、これから口座を作る方が羨ましいですね~。

下記社名をクリックすれば口座開設出来ます。 住信SBIネット銀行

(外貨預金は為替差損のリスクがあり元金割れの可能性もありますのでご注意下さい)

安値で拾った、10月分投資実績

世界経済が安定しない中、今週下記銘柄を購入しました。

【1】ノーロードファンド
<国内株式>
・ 住信-STAM TOPIXインデックス・オープン

<海外株式(先進国)>
・ 住信-STAM グローバル株式インデックス・オープン

<海外債券>
・ 住信-STAM グローバル債券インデックス・オープン

 * 手数料・信託報酬が安い上記商品はSBI証券で購入できます。

【2】一般ファンド
<海外株式(新興国)>
・ PCA インド・インフラ株式ファンド
・ PCA インド消費関連ファンド

【3】国内個別株
・ 某プラント会社(売買単位 500株)

上記で手数料が発生するのは、【2】のみ。
今月は全銘柄を安値購入できた上、平均単価も下がったのでラッキーでした。

今後も極力手数料の支払いを抑えながら、積立投資をしていきます。

(投資判断は自己責任でお願い致します)


日経平均株価、過去最大の上昇率

やっと、8営業日にして日経が上昇してくれました。
今まで売りに売られてきた株ですから、上げる時はすごい上昇率です。
しかし、上昇率が過去最大でも、あまりうれしくないですね。

もちろん下げ止まった事は大変良い事ですが、前回日経が上昇した10月1日の総資産と
今日の総資産を比較しても、まだ戻りが約13%だけです。

今回の世界同時株安・金融不安では、本当に滅多にない経験をしたと思ったのと同時し、
この世の中が想像以上に、グローバル化、 ボーダーレス・ワールドになっている事を痛感しました。
定期的にアセット・アロケーションの見直しをしてますが、今まで以上に各国市場を見ていき、
修正すべき所は、早めに軌道修正していきたいと思ってます。

続きを読む...



バーベキューに行ってきました!

毎年恒例のバーベキューに行ってきました。

今年で3回目となるバーベキューは昨年と同じく「千葉・稲毛海浜公園」で開催。
男だけのバーベキューでしたが、みんな20年以上付き合いがある学生時代からの友人。
学生の頃の話から近況報告まで、楽しいバーベキューになりました。

昔からの友人って良いものですね、歳の影響か昔に比べ全員少し老けてきてますが、(あたりまえか)
みんな集まれば学生時代にタイムスリップします。
はずかしい事や失敗した事など、今では笑い話です、本当にリラックスできました~。
お肉も沢山食べ元気いっぱい、明日からまた仕事ですが世界的株高なので気分が良いです。


SBI証券・バンガードETF2銘柄取扱い開始!

SBI証券は、先月追加の3銘柄に続き、10/14から新たに2銘柄が取扱い開始となります。
取扱い開始のETFは下記になります。

・バンガード・トータル・ストック・マーケット ETF (VTI)
 (MSCI US ブロードマーケットインデックス連動)
 (管理報酬0.07%)

・バンガード・スモールキャップ ETF (VB)
 (MSCI US スモールキャップ1750インデックス連動)
 (管理報酬0.1%)

ETFの申込はこちらからどうぞ。SBI証券の海外ETF

僕も「海外株式インデックスファンド」の資産があり、ETFに乗り換えたい所ですが、
下記3項目の懸念事項があるので、ちょっと様子見です。
1) 現在の世界市場が安定してない事。
2) 数百万単位でETFを購入したいが、そこまでお金がない事。
3) 円高になると予想している。

上記、懸念事項がクリアになり次第、ETF購入を検討したいと思います。

新規ETFの取扱いが増える事は大歓迎です、選択肢が増えますからね。

(投資判断は自己責任でお願い致します)

オーストラリア株反発、そろそろ底に近づいているのかな?

11日ワシントンで開催された、日米欧に新興国を加えた主要20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)で、先進国と新興国が協調を強化し、政策を総動員して対応することを盛り込んだ共同声明が発表され、週明けの今日から各国の株価が上昇しているようです。

午前中下げていた上海株も午後は上げに転じ約4%高、香港ハンセン指数も約11%高となっており、小生の投資先であるインド・SENSEX指数は現在7%以上の大幅上昇となってます。
 今夜の欧米市場、明日の日米市場の動向に注視していきます。

【NIKKEI NET 2008/10/13より引用】
オーストラリア株、4日ぶり反発 終値5.1%高
 オーストラリアの株式相場は13日、4営業日ぶりに反発して終わった。
豪証券取引所の代表的株価指数オールオーディナリーズ(全銘柄株価指数)の終値は4141.9と先週末の終値に比べ202.4ポイント、5.1%高で引け、2営業日ぶりに終値で4000台を回復した。
豪政府が12日発表した預金の全額保護など金融危機対策を好感し株価は取引開始直後から反発。
一時、先週末の終値より228.4ポイント、5.8%高の4167.9をつけたが、その後はやや軟調な展開となった。【引用おわり】

続きを読む...



FXサイト
FX & 証券会社ニュース
※お得な情報満載!
クリックだけで各カテゴリーに特化した情報にアクセス!

現金プレゼント比較表
キャンペーン情報(FX会社)
キャンペーン情報(証券会社)
キャンペーン情報(銀行)

※新商品&サービス情報満載
FX会社の動向
証券会社の動向
銀行の動向
ETF ・ 確定搬出年金(401K)
MRF(マネー・リザーブ・ファンド)
※12/2更新
MRF年利・金利 比較表
最新記事
絞込み検索(カテゴリ別)
月別アーカイブ
証券会社
楽天証券

ネット証券最強のトレーディングツール「マーケットスピード」、ネット証券随一の「多彩な商品」(中国株やインド株)を取り揃えており、注目度の高いネット証券会社です!

海外ETFの最大手! 全銘柄82種(米国ETF 68銘柄・中国ETF 19銘柄)で、ニューヨーク証券取引所・ナスダック・アメリカン証券取引所に上場している米国ETF、香港証券取引所に上場する中国ETFを取扱ってます。
・Vanguard Total World Stock ETF
・Vanguard Emerging Markets ETF
・Vanguard FTSE All-World ex-US Small-Cap ETF
・Vanguard European ETF
・Vanguard Pacific ETF
・Vanguard Small-Cap ETF
・Vanguard Total Bond Market ETF
※その他に多くのETFがあります。

国内・海外のノーロード・インデックスファンドの三菱UFJ投信の-『eMAXISシリーズ』の売買が出来ます。
信託報酬1%以下で超安いです。

・eMAXIS 日経225インデックス
・eMAXIS TOPIXインデックス
・eMAXIS 国内債券インデックス
・eMAXIS 国内リートインデックス
・eMAXIS 先進国株式インデックス
・eMAXIS 先進国債券インデックス
・eMAXIS 先進国リートインデックス
・eMAXIS 新興国株式インデックス
※多くのファンドが1000円から投資可能です。

SBI証券

業界屈指の格安手数料や、豊富なサービス・商品ラインナップを誇るネット証券業界最大手。
国内・海外のノーロード・インデックスファンドの住信-STAMシリーズの売買が出来ます。
信託報酬1%以下で安いです。

・STAM TOPIXインデックス・オープン
・STAM 国内債券インデックス・オープン
・STAM グローバル株式インデックス・オープン
・STAM 新興国株式インデックス・オープン
・STAM グローバル債券インデックス・オープン
・STAM 新興国債券インデックス・オープン
・STAM J-REITインデックス・オープン
・STAM グローバルREITインデックス・オープン
※多くのファンドが1000円から投資可能です。


さらに手数料が安い海外ETFも豊富に取り揃えてます。
・iShares MSCI KOKUSAI Index Fund
・iShares S&P500 Index Fund
・iShares MSCI EAFE Index Fund
・iShares MSCI Emerging Markets Index Fund
・iShares MSCI KOKUSAI Index 等。
※その他に多くのETFがあります。

マネックス証券

外国株式クラスのファンド
・トヨタアセット・バンガード海外株式ファンド
・年金積立インデックスF海外株式

日本株式クラスのファンド
・インデックスファンドTSP

外国債券クラスのファンド
・年金積立インデックスF海外債券

※上記全てノーロード投資信託です。

※多くのファンドが1000円から投資可能です。 特徴として、ヘッジ・ファンド、ベンチャー・キャピタル、非上場株式ファンド、不動産ファンド、再生系ファンド等の、オルタナティブ投資が1万円から可能です。

カブドットコム証券

東証アローヘッドに完全対応!

ノーロードファンドは、88ファンドでネット証券屈指の本数! 便利さやわかりやすさで、初心者の資産形成からベテランの分散投資まで、幅広くご活用できます。

セゾン投信

・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(販売手数料なし)

このファンド1本で、世界30ヶ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資。 また、米バンガード社のインデックスファンドが8本組み入れられており信託報酬0.77%±0.02%と低コストです。

銀行
住信SBIネット銀行

無料の入出金手数料
【制限無しは、セブン銀行】
【月5回まで出金手数料無料は、ゆうちょ銀行、ローソンATM、
コンビニATMのイーネット】
 ※お預け入れは無料。

他行振込手数料無料
【月3回まで、イーバンクは不可】

キャンペーン盛りだくさん!


楽天銀行

ゴールドラッシュプログラム
【楽天銀行口座へ他の金融機関から「振込」があった場合、その「振込件数」に応じて対象となる楽天銀行の口座へ現金をプレゼントするプログラムです】
【月間の振込件数によって、1件あたりのプレゼント金額がアップ!】
キャンペーン盛りだくさん!


ジャパンネット銀行

◇ネットショッピング、オークション、競艇・競輪・競馬のインターネット投票など、ジャパンネット銀行は安心・便利なサービスを提供しています。


相互リンク
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
MMF & 外貨MMF
※ 円から外貨に両替すれば、そのまま外債やMMFの売買が可能です。(お好きなタイミングで円に両替もOK!)
確定搬出年金(個人型401K)
※ 近年注目度を上げている年金制度で、特に税制面でのメリットが大きく「知っている人が得をする」ような制度です。
※ 受取時は税金上「退職金」「年金」扱いとなります。
※ 他の企業年金からも非課税で資産を持ち運べます。
ローン金利ランキング
※ 銀行・金融機関が取り扱うおまとめローンを金利ランキング形式で掲載。
リアルタイムレート
お勧めFX会社

マネックスFX
スワップが良くシステムも堅牢の、マネックスグループのFX専業子会社。 ドル/円スプレッドは2銭からで、4キャリアの携帯端末に対応しています。
信託保全100%なので、もしもの時も安心です。
FXスプレッドランキング
※ FX会社・現金プレゼントキャンペーン比較表

  2/27  更新!!
口座開設で現金がもらえる!FX業者の現金プレゼントキャンペーン比較表はこちらから!

※ 社名をクリックするとFX業者のHPにアクセスできます。

USD/JPY FX業者
0.5銭~ FXブロードネット
0.6銭~ アイディーオー証券
0.7銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
MJ
0.8銭固定 クリックFX
フォレックス・トレード
1銭固定 外為オンライン
1銭~ 【サイバーエージェントFX】
マネースクウェア・ジャパン
ヒロセ通商・Lion FX
エースでねらえ!FX
GFT
2銭~ マネックスFX
フォーランド
セントラル短資
楽天FX
FX Online Japan
マージンFX


EUR/JPY FX業者
0.6銭~ DMM FX
0.9銭~ FXブロードネット
1.3銭固定 トレイダーズ証券「みんなのFX」
1.6銭~ アイディーオー証券
1.8銭固定 フォレックス・トレード
1.8銭~ クリックFX
2銭~ 外為オンライン
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
エースでねらえ!FX
GFT
3銭~ マネックスFX


GBP/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.2銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.8銭固定 フォレックス・トレード
2.8銭~ クリックFX
3銭~ ヒロセ通商・Lion FX
4銭~ エースでねらえ!FX
GFT
4.7銭~ FXブロードネット
5銭~ マネックスFX
外為オンライン
FX Online Japan
MJ
6銭~ 【サイバーエージェントFX】
8銭~ フォーランド


AUD/JPY FX業者
1.2銭~ DMM FX
1.5銭~ アイディーオー証券
1.9銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2銭~ クリックFX
GFT
3銭~ 【サイバーエージェントFX】
エースでねらえ!FX
3.6銭~ FXブロードネット
4銭~ マネックスFX
楽天FX
MJ
5銭~ 外為オンライン
6銭~ フォーランド


NZD/JPY FX業者
1.6銭~ DMM FX
2銭~ アイディーオー証券
2.3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.4銭~ クリックFX
3銭~ GFT
4銭~ 【サイバーエージェントFX】
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
6銭~ マネックスFX
外為オンライン
10銭~ フォーランド


CAD/JPY FX業者
2.5銭~ アイディーオー証券
3銭~ クリックFX
GFT
4.8銭~ FXブロードネット
5銭~ MJ
外為オンライン
トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】
9銭~ フォーランド


CHF/JPY FX業者
2銭~ DMM FX
GFT
3銭~ クリックFX
3.8銭~ FXブロードネット
4銭~ MJ
5銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
6銭~ マネックスFX
【サイバーエージェントFX】


SGD/JPY FX業者
6銭~ マネックスFX


HKD/JPY FX業者
3銭~ マネックスFX


TRY/JPY FX業者


ZAR/JPY FX業者
3銭~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
DMM FX
3.8銭~ 楽天FX
4銭~ マネーパートナーズ
クリックFX
5銭~ マネックスFXエースでねらえ!FX
7銭~ フォーランド
FXスプレッドランキング(Ⅱ)
EUR/AUD FX業者
4pip~ MJ
6.8pip~ FXブロードネット


EUR/CAD FX業者
4.9pip~ FXブロードネット
7.0pip~ MJ


EUR/CHF FX業者
2pip~ MJ
2.8pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX


>
EUR/GBP FX業者
2pip~ ヒロセ通商・Lion FX
2.9pip~ FXブロードネット
3.0pip~ MJ


EUR/NZD FX業者
8.0pip~ MJ
8.2pip~ FXブロードネット


EUR/TRY FX業者


EUR/USD FX業者
0.5pip~ FXブロードネット
0.8pip~ DMM FX
1pip固定~ 外為オンライン
1.6pip~ クリックFX
2pip~ マネックスFX
トレイダーズ証券「みんなのFX」
【サイバーエージェントFX】
FX Online Japan
MJ
3銭~ フォーランド


GBP/AUD FX業者
6.0pip~ MJ
7.6pip~ FXブロードネット


GBP/CAD FX業者
9pip~ MJ


GBP/CHF FX業者
4pip~ クリックFX
6pip~ MJ
6.3pip~ FXブロードネット
10pip~ フォーランド


GBP/NZD FX業者
12.1pip~ FXブロードネット


GBP/USD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.6pip~ FXブロードネット
3.0pip~ クリックFX
MJ
4.0pip~ 【サイバーエージェントFX】
5.0pip~ マネックスFX


USD/AUD FX業者
1.4pip~ DMM FX
1.9pip~ FXブロードネット
2pip~ MJ
3pip~ クリックFX


USD/CAD FX業者
3.9pip~ FXブロードネット
4pip~ クリックFX
5pip~ MJ
8pip~ フォーランド


USD/CHF FX業者
2pip~ Hirose-FX
2.8pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX
MJ
7pip~ フォーランド


USD/GBP FX業者
2pip~ トレイダーズ証券「みんなのFX」
2.6pip~ FXブロードネット
3pip~ クリックFX


USD/NZD FX業者
1.8pip~ DMM FX
2.7pip~ FXブロードネット
4pip~ MJ


USD/SGD FX業者


USD/TRY FX業者


AUD/CAD FX業者
3pip~ MJ


AUD/CHF FX業者
3.7pip~ FXブロードネット
4.0pip~ MJ


AUD/NZD FX業者
7.0pip~ MJ
7.1pip~ FXブロードネット
検索フォーム
キャンペーン情報
■マルサントレード(丸三証券)口座開設後2ヶ月は株式売買手数料無料!

■FX業者・現金プレゼントキャンペーン比較表 (2/20更新)

ブックマークへ簡単登録
※クリックだけで簡単登録できます。


カウンター(2009.9.13設置)
プロフィール

millionaire

Author:millionaire
■会社員ですが早期リタイヤを目指し投資活動に奮闘中。

■投資スタイルはリスクが高い国内個別株で中期運用してますが、海外に資産シフト中。
資産は長期国際分散投資しています。

ご注意事項
1.本ブログで扱っている内容は、あくまで、管理人の個人的な見解に基くものです。一切責任を負えませんので、あらかじめご了承ください。投資は自己責任でお願い致します。

2.本ブログ記事の無断転載を禁止します。また、本ブログ記事の内容等に間違いがあった場合についても、いかなる責任も負えませんのでご了承ください。